タイで快適な生活

こんにちは、石井菜美子です!

 

社会人1年目からの3年間タイに住んだ経験があるので、今日はタイで生活する魅力を伝えたいと思います!

 

わたしがタイに住んでいたのは、2007年4月から2011年3月。

泰日教会学校(通称:バンコク日本人学校)の教師として日本から派遣され、バンコクに2年・パタヤ1年駐在していました!

タイは、本当に住みやすい国でした!!!!!

 

 

1 生活しやすい

生活レベルも、収入によって選べます!

 

安く住むなら、安いゲストハウスやアパートに住み、食事はローカルレストランでタイ料理を食べるなど。

そしたら、20000バーツ(約60000円)ほどで生活できます!

 

逆に、豪華な生活を選ぶこともできます!

プールやジム付きのタワーマンションに住み、食事は日本食レストランなどで食べる、娯楽もスパ・旅行など。

 

わたしは、日本のお給料相当100000バーツ(約30万円)をいただけていたので、いい暮らしをさせていただきました!

ホテルを長期滞在用に借りて、毎日清掃・シーツ交換、朝食付き。

日本食レストランもたくさんあったので、ほぼ毎日日本食。

週に1回はマッサージやエステ、週末は旅行。

新卒1年目に、こんな生活をさせていただいて良いのか!?ってくらい豪華な生活でした!!

ここは、わたしが住んでいたコンドミニアムのプールです♪

 

 

2 物価が安い

タイ料理は、1食数百円で食べられる。

タクシーは、ワンメーター100円くらいから乗れる。

地下鉄も、充実していて50円から。

携帯代は、1000円程度。

日本に比べたら、めちゃくちゃ安い!!!

 

 

3 何でも揃っている

タイ人向けの店舗だけじゃなく、スターバックス・マクドナルドなど外国人の店舗がたくさんあります。

日本食レストランも、大戸屋・吉野家・一風堂・CoCo壱番屋などのチェーン店から、鮨屋・日本料理屋などもあります!

日本食を扱っているスーパーもあって、日本からの食材も豊富。中には日本から輸入しているものもあります!

生活日用品も外国人向けの店舗があります!日本で販売されている製品の中にはタイで生産されているものも多いため、品質も問題ないです。

 

つまり、日本の生活と、ほとんど変わりなく生活ができます!!

 

 

4 タイ料理が日本人の口に合う

タイ料理は、辛味・酸味・甘味・塩味・香りのバランスが非常に良く、世界で最も愛されている料理の一つです。

 

タイ料理というとパクチーのイメージがありますが、実際のところ香草を多用している料理は少数なので、パクチーが苦手な人もタイ料理を楽しむことができます!

 

 

日本でもタイ料理レストランが多く出てきてますが、

有名なタイ料理には、ガパオやパッタイ、ソムタイ、カオマンガイなどがありますが、どれも日本人の舌によく合い、

ローカルレストランや露店では30-50B程度で食べられますので、食に関しても困ることはありません。

 

 

 

5 気軽に旅行

タイ国内には、チェンマイ・プーケットなどの観光都市があったり、

また、首都バンコクから気軽に行けるところにパタヤビーチもあります!

 

 

また、タイは東南アジアの中心。

陸路でつながっている国もあるので、すぐに旅行にいけちゃいます!

飛行機で行った場合、東南アジアの国ならどこでも1時間程度。

 

わたしは、めちゃくちゃ気軽に、国内旅行感覚で近隣諸国に旅行に行っていました!

 

 

6 日本人に優しい

日本の天皇・皇族とタイの国王・王族は、古くから深い結びつきがあり、

日本のさまざまな文化がタイに流入し、タイ人の多くが日本ならびに日本人に良いイメージを持っています。

 

多くのタイ人が日本人に対して優しく、日本人と交友関係を築きたいと考えています。

 

 

まとめ

タイの魅力は、物価・生活費の安さだけでなく、

日本と変わらないくらい何でもそろっていて、

タイ料理も美味しく、非常に住み心地の良い国だと思います!!

 

タイには現在、7万人を超える日本人が住んでおり、

そのうちの多くが日本に帰りたくない(タイに移住したい)と考えているのが実情です。

わたしもその1人でした!

 

タイは非常に住みやすい国なので、

タイに魅了された方だけでなく、日本での生活に疲れたという方、海外で刺激のある生活をしたいという方は、

タイでの長期滞在や移住はおすすめです♪

 

 

シェアはこちらから♪

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です